心を救う心理カウンセラーになるには資格が必要

放射線診療の専門家になる

メンズ

高い専門性が必要な仕事

医療の現場においては、検査や治療などさまざまな場面で放射線が使われています。放射線は正しく使えば非常に大きな効果をもたらすものですが、その反面危険性の高いものでもあります。そのため、最近では各医療機関において放射線使用に関する専従者を置く傾向が強まっています。こうした職種を診療放射線技師といいます。診療放射線技師は国家資格となっており、医師・歯科医師を除いては診療放射線技師以外の者が放射線を使用した診療を行うことは法律で禁じられています。そのため非常に専門性が高い資格であるということができます。診療放射線技師の有資格者は、レントゲンやCTなど放射線を使用した検査に携わることができます。また、MRIなど放射線を使用しない検査を行うことも認められています。

活躍する場所はさまざま

診療放射線技師の主な仕事は診療機器の操作、画像処理、メンテナンスなどです。技術者としての性格が強い職種ですが、がん細胞に対する放射線の照射などを担当することからも分かる通り、治療者でもあります。そのため医学と工学の両方の専門知識が求められます。診療放射線技師になるには国の指定した養成学校で学んだ後、国家試験に合格する必要があります。養成学校には大学・短大・専門学校があり、短大は3年制、専門学校は3年制以上となっています。診療放射線技師が活躍する場所は総合病院や診療所などが圧倒的多数を占めますが、医療機器メーカーの開発部門などで活躍している人もいます。また最近では各種製品の品質検査に放射能を使用するケースが増加しているため、産業分野での就職人気も高まっています。

このエントリーをはてなブックマークに追加