心を救う心理カウンセラーになるには資格が必要

これからは手に職の時代

筆記用具

将来のために資格をとろう

医療系の仕事は、これからの社会、時代に絶対に役立つ仕事です。医療系といっても様々な仕事があります。医師、看護師、薬剤師、歯科衛生士、医療事務など種類も多いので自分に合った仕事を探すことができます。ただし、医師、薬剤師などの資格は大学へ進学しないといけません。それには金銭的にも余裕がないといけないので、金銭的に余裕がないという人には、専門学校でとれる資格がおすすめです。看護師は3〜4年、歯科衛生士は3年、医療事務は2年など、専門学校だと大学へ進学するよりも短い期間で医療系の分野を学ぶことができます。ただし、国家資格である職は専門学校に通うだけでなく、しっかり単位を取得、卒業し、国家試験で合格することが条件です。

高齢化社会にむけて

医療系の仕事は、これからの高齢化社会に向けて、なくてはならない仕事です。一つ一つの仕事も大切ですが、それぞれの分野が一体となって連携することによってより良い医療を提供ことができます。それには、各医療職が、お互いの職について知っておかなければいけません。専門学校では、その職のことだけでなく、それぞれの職についても学び、実習等で関わることあるので、しっかりと医療のことについて学ぶことができます。これからやってくる超高齢化には、老々介護や、独居老人の孤独死の問題などたくさんの問題がでてくるので、そういった問題が少しでも減るように、医療職がお互いに連携してより良い社会を作っていくことも重要になってきます。

このエントリーをはてなブックマークに追加