心を救う心理カウンセラーになるには資格が必要

専門職のための学校

医師

数ある専門職の中でも、医療職は全ての人の日常に関連するものであり、人の命に直接関わる重要な仕事です。近年は高齢化や災害の発生を機に、医療系の大学進学を希望する高校生や、再度入試を受けて大学で医療を学ぼうとする方が増えています。医療職は大学と専門学校で学べますが、大学の利点としては実習先の充実度や高度な資格取得が挙げられます。専門学校は実習の際、提携している病院は多くあっても付属病院を持っていないため、学生が遠隔地に赴く必要性が生じることがあります。一方、多くの大学はキャンパス内やその付近に付属病院を持っており、キャンパスでの学びと実習を行き来しながら充実した学習が可能です。助産師などの大学でしか取れない資格もあり、このような高度な資格は現場での学習が特に重要なので、実習先が学校の近くにあることは大きなメリットです。

医療系の大学が専門学校より目線を向けられている理由の一つには、特に国公立大においては学費の安さがあります。2年から3年の専門学校を卒業するまでの学費と、4年制の国公立大の学費はほとんど一緒です。また、国公立大には学費免除制度が充実しており、成績や家計を考慮して学費が半額から全額免除になることもあります。医療系の学校では、学費の他に実習に際しての移動費など多くの出費があるため、学費をなるべく抑えたい方に大学が人気です。また、4年制の大学の多くでは1年次に教養科目を履修します。語学や医療以外の分野も学ぶことができるのは、様々な学部を備えた大学独自の魅力と言えます。他の分野の学習が医療職の学びに役立つこともあり、専門学校にはない大きなメリットの一つです。

このエントリーをはてなブックマークに追加